ジャカード織りとは

立体的で複雑な柄を織ることのできる
ジャカード織り


1806年にフランス人のジョセフ・マリー・ジャカールによってジャカード織機が考案されました。
ジャカード織りは考案者のジャカールにちなんでつけられた名前です。

ジャカード織りは、パンチ穴の空いた「紋紙」と呼ばれる厚紙を使い、縦糸と横糸を組み合わせて複雑な柄を織る手法です。
高い質感と大胆なデザインを両立させることができるため、洋服、ネクタイ、タオル、壁紙など生活の様々なシーンに使われています。

 

ジャカード織り技術の最高峰
「フォトジャカード」


当社では電子紋紙技術を進化させ、印刷のような微妙な色合いをジャカード織りで表現できるまでになりました。
これを「フォトジャカード」と呼んでいます。
ジャカード織り技術の最高峰「フォトジャカード」ならどんなデザインにも対応できます。
ペットクッション「HUG PET」(ハグペット)の織り上げ手法にはこの「フォトジャカード」を採用しているため、繊細でリアルな色合いを表現するとともに、クッションに不可欠な心地良い肌触りも両立することができました。

TOPへ戻る

Webショップはこちらから